スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使階級学2

第2回「攻撃スキル」


2-1.攻撃スキル
 今回は攻撃スキルについてです。最初に各スキルの特性を理解することで、自分の好きなようにスキルを振って行くことができます。

・ホーリーサークル 通称:ホリサク スキル難易度3
 単体スキルの1つ。威力は他のスキルに比べてかなり低いものの、CPが獲得になる唯一のスキル(次の血羽も一応CP獲得ボーナス装備で獲得になる)。スキル自体に攻速が付いており、次の血羽よりも速いスキルになります。とは言っても消耗=獲得になるのはスキルレベル60から。このスキルを上げるかどうかはその人の方針・戦闘スタイル次第と言ったところになります。
 高レベルになれば、装備やステ次第ではカンストするので、次の血羽と比較すれば同じダメージでCP獲得になるということでかなり優秀なスキルになります(ただし、抵抗の高い敵には血羽じゃないとカンストしません)。
 後々低燃費知識天使の戦闘方法について記述しますが、ホリサクは「低下力単体スキル」に分類されます。したがって、個人的には最初は血羽の前提分(SLv6)だけとり、「低下力単体スキル」として使用し、後半でスキルマスしてカンストを目指すという流れがいいのではないかと思います。
 なお、物資を使う前提の一般的知識天使の場合、このスキルはゴミクズです。

・ブラッディウィング 通称:血羽 スキル難易度4
 強力な単体スキル。表記ダメでみれば天使のスキルの中で最も火力が高いです(範囲スキルの場合、それにさらに中心150%がありますので、結局範囲スキルの方が強いです)。ホリサクに比べると遅いですが、スキル自体に攻速が付いています。一応獲得CPもありますが、消耗より低いので基本的には獲得になりません。大体100くらい消耗すると考えてください。装備でCPボーナスを付ければ獲得にすることもできます。また、このスキルを使用すると、与えた表示ダメージの0.2%をくらいます。
 このスキルはおそらく単体スキルの主力になります。物資使用前提の一般的知識天使の場合、躊躇なくこのスキルを使うことでしょう。低燃費知識天使の場合、「高火力単体スキル」に分類します。先ほどのホリサク(低下力単体スキル)と比較すると、
 ①威力が高い
 ②CP消耗が多い
となりますので、この点を理解した上で両スキルを使いわけることになります。例えば範囲スキルで一掃した後に1匹残ったとして、その敵のHPがホリサクで倒せるHPなら、ホリサクを優先して使うことでCP消耗を抑え、ホリサクでは時間がかかるのであれば、血羽の高火力で倒すといった具合になります。また、ホリサクがカンストする狩場の場合、血羽よりもホリサクを優先して使い、ホリサクがカンストしない場合、血羽を主力として使うことになります。

・ジャッジメントデイ 通称:ジャッジ スキル難易度5
 範囲スキルの1つ。一応、覚醒が出る前の状態でのお話をします(セイントパニッシャーにしない人向け)。まずジャッジは、範囲内の味方の状態異常を100%回復するという効果を持っています。これは対人戦やPT狩り、秘密などで場合によっては活躍します。攻撃範囲については次のホリクロに比べると若干狭いのですが、威力はホリクロよりも高いです。
 ただし、セイントパニッシャーでない場合、ジャッジをマスする必要性はあまりありません。威力が高いといっても、基本的にHP回復が出来るホリクロでの狩りが主体になるためです。ここで、ジャッジを1取るか、マスするかで使い道が変わってきます。
①1だけ取る場合
 この場合、このスキルは「低下力範囲スキル」となります。範囲もかなり狭いです。しかし1だけだとCP消耗はかなり抑えられますので、ホリクロである程度HPを削ったあとにとどめで使うと、上手くCP運用することができます。
②マスする場合
 マスすると、ホリクロよりも威力・CP消耗ともに大きくなります(範囲は微妙に小さいですが)。したがってこの場合、「高火力範囲スキル」になります。とは言っても大体の場合はホリクロでカンストする上にホリクロのHP回復がないと死んでしまいます。従って普段の狩りにはほとんど使用できません。使い道としては、ホリクロでカンストしない強力な敵に使うことになります。

・ホーリークロス 通称:ホリクロ スキル難易度5
 おそらくもっとも使用される範囲スキル。前述のジャッジもそうですが、中心でダメ150%になります。範囲はジャッジよりも大きく、威力は少し落ちます。CP消耗はジャッジより低いです。このスキルの強みはHP回復。攻撃するたびにHPが回復します。したがって赤を飲む必要はなく、狩りながらにしてHPを回復していくことができます。この点から、このスキルが普通、主力になります。取りあえずマスしないと始まりませんね。

・ドゥームデイ 通称:ドゥーム スキル難易度5
 覚醒・セイントパニッシャーのスキル。ジャッジの覚醒になります。当然、取るためにはジャッジのマスが必要になります。このスキルは簡単に言うとジャッジを4回攻撃にしたものになります(状態異常回復もその都度発動)。かなり強力なのですが、クールタイムが5秒あります。4回の攻撃はそれぞれ大体1秒くらい?の間隔で発動され、攻撃が終わるころにはクールタイムも残り1秒とかそんな感じです。ただ、初撃を放ったあとは自動で3回攻撃してくれるので、自由に動くことができます。したがって・・・ドゥームを撃ったあとにホリクロを連打すれば、ドゥームの3回攻撃と同時にホリクロのダメを与えることができます。これはかなりの火力UPです。実際の狩り方法としては、基本はホリクロ連打で、5秒おきにドゥームという形になります。ドゥームの自動の3回攻撃は初撃の位置に固定されます。攻撃範囲の有効範囲については後々説明しようと思いますが、基本的に初撃からその場を離れても範囲内の敵に継続してダメを与えることができます。したがって、移動狩りのときには結構役立つスキルになります。
 実際の範囲狩りでは、カンスト攻撃1~4回とかで倒せる敵がほとんどだと思います。1回で倒せる敵ならホリクロでいいのですが、2回以上の攻撃を必要とする敵にはドゥームの方がCP運用が上手くできます。また、5回攻撃が必要なら、ドゥームを1発撃ったあとにホリクロを1発投下してその場を離れます。

・サンクンライトニング 通称:サンクン?雷? スキル難易度4
 威力・範囲ともにかなり弱い。基本的に使うとしたらジャッジを1取った場合と同様の「低下力範囲スキル」となります。といってもあまり使えません。取りあえず感電効果がありますので、ボスなどHPが高い敵に与えると効率が上がるかもしれないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヤニ

Author:ヤニ
↑パンティー画伯作。ありがとう;;

青鯖住民(´・⊿・)
MarkoPaasikoski - 天使
LauriPorra - サブ天使
PetriLindroos - WIZ
TimoKotipelto - ネクロ
JaniLiimatainen - アチャ(元メイン削除)
見かけたらよろしく(゚Д゚;)


Copyright © 2011 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
License to GameOn Co., Ltd.

当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

RED STONE

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。