スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使階級学6

第6回「ステータス」


6-1.ステータス
 今回はステータスについてです。6回目にしてやっと。
(1)力
 基本的には防具の要求分あればよかです。天竜の力149が取りあえず目標になるかと思います。まぁ絶望で稼いでもいいですが、対人戦時の装備変更のことなど考慮して、素+G補正で100↑はあった方がいいかと思います。
(2)敏捷
 無振りでも構いませんが、手で敏捷要求があるものがたまにあるので注意。カンニとか。
(3)健康
 これは好みが分かれるポイントです。はっきり言って通常の敵でカンストして満足であれば、知識はそんなに必要ではありません。この場合、かたくなりたいのであれば健康を高くするべきでしょう。また、どこまでも知識をあげたいという方でも、多少かたくないと狩りがままならないのでそこそこ健康を振るべきです。500あれば大体大丈夫だと思います(モリ6など痛い秘密等は死にまくりですが)。
(4)運
 回避型でない限り振る必要はありません。
(5)知識
 ^w^
(6)知恵
 装備次第です。前回記述しましたが、T品の首を装備する場合、360必要になり、100%強化十字架では444必要になります。444振れば経験値ボーナスの観点からも有効的であると言えます。ただし、これを無駄振りだと思う方もいるかもしれません。知識については、実際のところT品のセット効果等が大きいので、あまり大差はありません。むしろ攻速やスキルの面から、知恵を振ってでもT品を付けた方がいい場合があります。これを上回る装備を持ち、T品を卒業した上で、知恵要求360をパスすることができます。この場合、強化十字架を付けたい場合には、暁を使用するべきです。これにより、知恵は完全にいらなくなります。
(7)カリスマ
 自動上昇です。振る必要はありませんが、低燃費の場合はカリスマが必要なので装備で稼ぎたいところです。




・・・・今回短いな。
スポンサーサイト

天使階級学5

第5回「装備」


5-1.装備
(1)T品
 天使のT品はとても優秀なので、お金のない人はまずT品を装備するところから始めましょう。ただし、天使のT品は落ちにくいので、自力で集めるのはなかなか大変です。露店でも結構売ってたりすると思うので、粘り強く集めてみましょう。
 なお、全T品に共通して、翼は1.2秒武器です。首は勲章ベースなので、95,200Tは知恵要求60、415T以降は知恵要求360です。

<95T:落ちてきた古着>
・翼:知識+50
・鎧:知識+20
・足:CP+40%
・首(スキル+1):攻速+10%
・指:CP+5%、カリ+3、知識+3
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、知識+50
・4:魔法抵抗+20%、知識+100
・5:魔法抵抗+25%、知識+100、攻速+30%

<200T:堕落した神物>
・翼:知識+100
・鎧:知識+60
・手:スキル+1、攻速+20%
・首(スキル+1):スキル+1、攻速+20%
・指:CP+6%、カリ+3、知識+3
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、知識+100
・4:魔法抵抗+20%、知識+150、スキル+1
・5:魔法抵抗+25%、知識+150、スキル+2、攻速+30%

<285T:墜落事故>
・翼:攻速+20%、知識+50
・鎧:知識+90
・手:スキル+2、攻速+30%
・足:CP+40%、移動+30%
・頭:スキル+3
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、CP+150
・4:魔法抵抗+20%、CP+200、知識+150
・5:魔法抵抗+25%、CP+200、知識+200、攻速+30%

<350T:審判の日>
・翼:知識+2/10、知識+50
・鎧:知識+2/8、知識+30
・足:CP+40%、移動+30%
・頭:スキル+3
・指:CP+8%、カリ+4、知識+4
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、知識+200
・4:魔法抵抗+20%、知識+250、回避+8%
・5:魔法抵抗+25%、知識+250、回避+14%、攻速+30%

<415T:聖戦の傷跡>
・翼:知識+2/8、攻速+20%
・鎧:知識+1/3、知識+30
・手:スキル+2、攻速+32%
・首(スキル+2):攻速+20%、スキル+2
・指:CP+10%、カリ+4、知識+4
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、ダメ+80%、知識+250
・4:魔法抵抗+20%、ダメ+160%、知識+300、スキル+4
・5:魔法抵抗+25%、ダメ+160%、知識+300、スキル+5、攻速+30%

<490T:禁断の海>
・翼:知識+1/3、攻速+20%
・鎧:知識+1/2、知識+30
・手:スキル+2、攻速+35%
・首(スキル+2):攻速+20%、スキル+3
・指:CP+12%、カリ+4、知識+4
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、知識+300、回避+10%
・4:魔法抵抗+20%、知識+350、回避+16%、スキル+5
・5:魔法抵抗+25%、知識+350、回避+16%、スキル+6、攻速+30%

<560T:天上界の守護兵>
・翼:知識+1/3、攻速+20%
・鎧:知識+1/2、知識+50
・頭:スキル+3
・首(スキル+2):攻速+20%、スキル+3
・指:CP+14%、カリ+5、知識+5
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、CP+350、移動+20%
・4:魔法抵抗+20%、CP+400、移動+30%、スキル+6
・5:魔法抵抗+25%、CP+400、移動+30%、スキル+7、攻速+30%

<650T:空の守護者>
・翼:知識+1/2、攻速+20%
・鎧:知識+1/2、知識+100
・頭:スキル+4
・首(スキル+2):攻速+20%、スキル+4
・指:CP+15%、カリ+5、知識+5
(セット効果)
・2:魔法抵抗+10%
・3:魔法抵抗+15%、移動+20%、スキル+6
・4:魔法抵抗+20%、移動+30%、スキル+7、攻速+15%
・5:魔法抵抗+25%、移動+30%、スキル+8、攻速+30%、魔法ダメ+20%

 これ打つのなかなか疲れますね。誤字脱字あればすいません。取りあえず一通り見ていただければわかるとおり、なかなかに優秀です。総じてフルセット効果で攻速+30%が付くのが特徴です。ここで、翼をT品とするか、IFとするかの選択が分かれます。
 IFは、知識・スキル・攻速・魔法強化・光弱化が付き、とても優秀な翼である反面、武器速度が1.3秒です。これに対しT品の翼は1.2秒武器であるうえに、攻速自体も速く、なによりフルセットで攻速+30%付くのが魅力です。したがって、T品装備とする場合には、まずもってフルセットでなければなりません。フルセットでない場合、攻速+30%が付かないため、翼をIFにしても対して変わりません。天使やWIZ等の知識職は比較的早い段階でカンストします。そのため、攻速が速い方が強くなります。ダメージとの兼ね合いになりますが、基本的にT品フルセットをオススメします。なお、350Tについては、翼自体に攻速が付いていないので微妙です。IFの方がいいかもしれません。
 また、560T以降はセット効果に知識+効果が登場しません。しっかりと知識を振っていれば、カンストするし気にならないかもしれませんが、高レベル帯だと抵抗が高く魔法攻撃が通らない敵も多いです。知識+効果がないのは少し微妙なところがあります。また、そのような敵には弱化装備が必要になりますが、強力な弱化装備である精霊王は頭です。560T以降は部位に頭があるので、これに関しても微妙です。
 415・490Tは部位も同様で効果も似ています。特に490Tは強力であり、かなりバランスのとれた装備になります。ただし、冒頭でも述べたとおり、首が知恵要求360という欠点があります。しかしながら光魔法の場合、十字架は大半強化十字架の方が強力であり、一部抵抗の高い敵の場合のみ弱化十字架を使用するスタイルが基本となります。100%強化十字架の知恵要求444を振っても問題にはなりません。また、空いてる部位、頭・足についで指に350Tを装備すると、350Tの3セット効果を得ることができます。特に足のCP効率は低燃費天使にはとても嬉しい効果であり、移動速度は狩り以外においても役立ちます。
 T品装備の天使の当面の目標は、T品の卒業になるかと思います。T品の優秀な点である、知識・スキル・攻速について、T品を上回る性能を持つ装備を手に入れることが重要です。その上で次に紹介するオススメ装備も装備することが必要です。

(2)オススメ装備
・翼
①IF
 言わずもがな。
②T品
 言わずm
③DS翼
 IFに匹敵する性能を持ち、なおかつ唯一要求値がレベルのみ。知識要求がありません。ニケと併用することができます。
④フェザークライト
 攻速+50%がついた翼。何気に弱化10%も付いている。カンストする場合、やはり攻速が重要になるため、その点に関しては優秀。更に攻速や知識比率を付けたいところですね。

・十字架
①50%弱化十字架
 まぁ、弱化の最高補正です。抵抗の高い敵に使います。攻速やスキルを付けたいところです。
②100%強化十字架
 強化十字架の最高補正。ダークエルフ王クエをBIS・天使でクリアすると報酬で手に入れることができます。前述のとおり、知恵要求444というのが少々痛い。この手の強化系の補助武器に共通して言えることですが、要求値を他の装備の効果(たとえばブリーフの知恵比率)等で補い装備すると、強化限界値が120%で打ち止めとなります。100%強化十字架なので、他の装備に20%強化があればその時点で終了です。素のステや、G補正等でしっかりと444確保しなければなりません。また、暁して要求値を消せば、この制約はなくなります。この場合、知恵に振った分を知識等に回すことができます(T品を卒業して首の知恵要求360が無くなっていれば)。

・首
①追跡人
 攻速が付与された追跡人Nxが理想です。首では攻速やスキルを稼ぎましょう。貧弱になりがちな天使にとっては、HPを稼げる部位でもあります。
②使徒のネックレス
 BISの650Tです。こちらもベースが勲章XLSなので、知恵要求360です。T品や100%強化十字架の知恵要求を脱し切れていない方向け。勲章XLSベースのスキル+2に加え、スキル+4、攻速+35%の強力な首です。

・頭
①精霊王
 言わずと知れた精霊王!すべての属性の抵抗を35%弱化、Nxの場合45%弱化します。最高です。
②知識固定頭
 まぁ、移動装備なんですけど。DS翼がない場合、持っておくと便利です。ニケを履きながら、コル等のスキルが使えます。

・背
①ホリスト
 低レベル帯はホリスト安定ですね。スキルを稼ぎましょう。Nxもいいです。
②モダン
 光強化30%です。Nxにすると、知識+165、力+175になります。

・腰
①天竜
 安定の光強化・弱化腰。Nxにすると強化が5%だけ伸びます。うん・・・。取りあえず健康比率を付けたいところですね。

・手
①フォムガ
 攻速とともに、低燃費知識天使にうれしいCP効率およびCPボーナス付き!よだれでそうです。
②シールドペア
 攻速+10%で、光弱化15%です。Nxにすると、攻速+20%、光弱化20%になります。また、ブロック率が+15%(Nxで30%)なので、シルフラが楽しくなります。

・鎧
①490T以上の鎧
 知識+1/2がなんとも魅力的です。ただし、布の服DXなので超紙です。
②エンジェルローブ
 光強化+5%、CP+15%、スキル+3と優秀。Nxにすると光強化15%、カリ+130、CP+20%、スキル+4です。ただし知識がガクッと落ちます。
③ジャ・シーン
 知識+1/5、光強化20%、防御+30%、HP+200、移動+20%です。知識的には①と②の間に位置します。光強化も割と高く、その他うれしいOPがあるので総合的に見れば意外と優秀。Nxだともっといいです。

・足
①スピコマ
 安定のスキル足。
②黄金ブーツ
 こちらもスキル足であり、スキル+3ですが、それに加え低燃費知識天使にうれしいカリ+165が付き、更に防御+20%が付いています。Nxにするとカリスマは+250、防御は+30%、そしてスキルは+5になります。めっちゃいいっす。

・指
①スキル指
 安定ですが、絶望やタートですね。回避型でない場合、絶望がいいでしょう。力を稼いで装備の選択の幅も広がります。地味に天竜の力要求が149です。
②TRS
 うん。
③太極
 強化をいっぱいつけることが強さへの近道です。
④薬回復
 指に付けなくてもいいのですが、他の装備で稼げない場合は指にどうぞ。ホリクロの回復がメインになりますが、薬回復がないと回復が間に合いません。是非とも装着を。


途中からかなり適当ですが取りあえず今思いつくのはこのくらいでしょうか・・・・疲れましたがまた次回、お会いしましょう。

天使階級学4

第4回「BISスキル」


4-1.BISスキル
 スキル編も大詰め、BISスキルについてです。

・リザレクション 通称:リザ スキル難易度5
 言わずと知れた復活スキル。天使といえど、BISとのハイブリッドでなければ多方面への活躍は出来ません。最低でも1は取りたいスキル。デスペナ100%回復を目指しましょう。

・フルヒーリング 通称:フルヒ スキル難易度3
 言わずと知れた回復スキル。上記リザの前提分(SLv12)で十分です。

・ブレッシング 通称:ブレ スキル難易度2
 言わずと知れた支援スキル。HPを上昇させ、更に異常系状態異常抵抗が付きます。狩り・支援において必須となるスキル。HP上昇もさることながら、状態異常抵抗がとても優秀です。知識天使の場合、光ダメージの付加も割と上がります。持続時間は次のエビに比べると短いです。マス推奨。

・プロテクティングエビル 通称:エビ スキル難易度3
 言わずと知れt(
 こちらは防御力を上昇させ、低下系状態異常抵抗が付きます。そしてブレよりも持続時間がかなり長いという特徴があります。ソロ狩りにおいてはこちらを優先的に使うべきでしょう。天使は支援をかけるときに、当然BISへの変身が必要になります。したがって支援回数は出来るだけ減らすべきであり、持続時間の長いエビはこの点において有利です。エビの防御力上昇だけで乗り切れる狩場ならばエビだけをかけ、それでもきつい、または状態異常攻撃をしてくる敵がいる場合等にはブレも合わせて使用します。マス推奨。

・リゼネレイション 通称:リゼネ スキル難易度4
 言わz(
 一定時間の間、HPを自動回復します。まぁ天使にとってはあまり必要はないのですが、前提スキルがそろうので1だけでも振るといいかもしれません。

・パーティーヒーリング 通称:PTH スキル難易度5
 えっと、範囲回復スキルです。天使の場合、ホリクロでも同様の効果が得られるのですが、実際のところBISとしてPTに参加する場合、天使への変身が許されない場合が多いです(BISが必要な理由のほとんどが、アーチによる魔法抵抗上昇のため)。フルヒだけで頑張れることもないのですが、余裕があれば1だけ取ることを推奨します。

・レストレイション 通称:レスト スキル難易度4
 範囲内のPTメンバーの状態異常を回復します。こちらもPTH同様、ジャッジで同じことが可能です。PTHの前提分(SLv6)あれば十分です。

・ミラータワー 通称:ミラ スキル難易度5
 天使必須スキル。とは言ってもマスする必要もありません。取りあえず素で20~40くらいあれば十分だと思います。このスキルは、他人と自分にかける場合で効果が異なります。他人にかけた場合、その人が受ける魔法ダメージの一部を自自身に転移させます。そして自分にかけた場合は、自分の魔法抵抗を上昇させます。この効果は天使に変身してもなお持続します。従って、天使でソロ狩りをする場合、魔法攻撃が痛い狩場などでは、自分にミラをかけることで、魔法抵抗を上昇させなければなりません。ちなみに同時にこのスキルをかけられる人数は自分含めて5人までです。5人かけた段階で、このスキル自体使えなくなり、上書きが出来なくなります。急にミラが切れるという状況になりますので、できればかける人数は4人までにした方がいいです(たとえば短い秘密などで上書きの必要がない場合など、状況に応じて5人までかけても問題ないと判断できる場合は5人まで可能です)。

・プロテクティングエレメンタル 通称:エレメ スキル難易度4
 PTメンバーの魔法攻撃力を上昇させ、更に魔法抵抗・状態異常抵抗を高めるスキルです。メインの用途は魔法攻撃力上昇ですかね。BISだとこのスキルはマスすべきところなのですが、天使は覚えるスキルが多くあまり余裕はありません。しばらくは次のアーチの前提分(SLv6)で十分です。

・ディバインアーチ 通称:アーチ スキル難易度5
 PTメンバーの魔法抵抗とスキルレベルを上昇させるスキル。必須です。天使がBISとして参加する場合の主となるスキルでしょう。そこまで魔法攻撃が痛くなく、またPT人数が自分含めて4人以下の場合には、ミラで対処も可能(この場合、天使に変身できる)ですが、それ以外の場合はアーチを発動させなければなりません。マス推奨。マスまでいかなくとも、40以上は欲しいところです。
 ちなみにアーチのスキルレベル上昇効果は、天使にとっては邪魔以外のなにものでもありません。これは、BISに変身してからアーチが発動するまで少し時間がかかり、なおかつアーチが発動してからその効果が天使に変身した後でも一定時間続くためです。例えば、アーチの発動した状態で自身にブレエビをかけて天使に変身し、一定時間後BISに変身してブレエビを上書きするとき、BIS変身後すぐにかけると前回よりスキルレベルが低く、上書きされません。上書きするにはアーチが発動するのを待たねばなりません。ブレエビをかけるのをアーチが発動する前にすると改善できますが、常にBISへ変身後すぐに支援をかけれるとも限りません。万が一アーチが発動すれば、また天使に変身orアーチを切ってアーチの効果が切れるのを待たねばならず、しかもブレエビをかけた瞬間にアーチが発動すれば最悪です。次回上書き時はアーチ発動を待つか、リログしなければなりません。このほかにも郷愁の速度上昇も上書きできなくなったりと、様々な弊害を生みます。基本的に天使はアーチを常時OFF、BISとして参加し、アーチを求められる場合のみONという風にした方がいいと思います。

・ターンアンデッド 通称:TU スキル難易度2
 周囲のアンデッドを混乱させたり即死させたり出来ます(即死は即死抵抗低い一部の敵だけですが・・・)。1発入れると、アンデッドでない敵もアンデッド扱いとなり、2発目以降では混乱効果が適用されます。また、この混乱は逃げ出しですので、自分から離れる方向に敵が移動します。隔離など、敵を移動させたいときに便利です。1あればいいかな。
 ちなみにがむしゃらに連打すると、アクティブな敵もノンアクティブにできます。というかディスペしてもタゲとれなくなるのでノンアクよりも無気力な状態かもしれません。おそらく、混乱状態が永久的に持続してしまっているものだと思われます。自身がそのフィールドからいなくなると効果が切れます(まぁバグかもしれないのでその内修正されるかも??)。

・シールドフラッシュ 通称:シルフラ スキル難易度2
 きばらしにどうぞ。

・エクソシズムエンカウンター 通称:エクソ スキル難易度3
 かかし殴るの楽しい。

天使階級学3

第3回「その他天使スキル」


3-1.その他天使スキル
 今回は攻撃スキル以外の天使スキルについてです。割とどうでもいいのはスルーします。

(1)戦闘補助スキル
・郷愁 通称:左に同じ スキル難易度4
 まぁ言わずと知れたチャージスキルです。WIZのフォベガと同じく一気にCPを回復できます。特に範囲内のPTメンバーの攻速・移動速度を上昇させる効果もあり、プチヘイと呼ばれることもあります。「プチ」と言っても、攻速に関してはWIZのヘイを上回ることもあり、割とあなどれません(PTメンバー全員のWIZのヘイの攻速部分を上書きしてしまうという難点もある)。持続時間はSLv100で1分と短いです。
 当然協会支援よりも高性能なのですが、物資使用前提の天使の場合、わざわざ1分おきに郷愁するのが面倒という人も多く、協会支援に頼る人も多いです。低燃費の場合四六時中郷愁してますので、協会支援はいりません。

・ホールドパーソン 通称:ホルパ スキル難易度1
 被弾軽減スキルその1。人間系・悪魔系の敵をしばらくの間麻痺状態にします。麻痺の効きやすい敵なら被弾無しで倒すことも出来ます。敵が複数で攻撃が痛い場合でも、1,2匹縛って被弾を減らすことができます。また、外部から支援としてかけることも出来ます。他スキルの前提分(SLv24)で十分。

・ホールドモンスター 通称:ホルモン スキル難易度2
 被弾軽減スキルその2。動物系・神獣系の敵をしばらくの間麻痺状態にします。扱いはホルパ同様。

・デストロイングアンデッド 通称:? スキル難易度2
 被弾軽減スキルその3。パッシブなので発動は自動ですが、発動時、自分を中心に範囲攻撃をします。この攻撃にあたったアンデッドは混乱か麻痺を受けます。被弾が痛くアンデッドの多い狩場の場合、このスキルをONにしておくと、被弾を軽減できます。その代り、混乱が逃げ出しになっているので、敵がどっかに歩いていってしまうという難点があり、範囲狩りの支障になります。また、この攻撃は壁を貫通する性能を有しており、自動発動という性質から言っても、非常に横しやすいスキルです。狩りが終わったら必ずOFFにしましょう。ちなみに威力は弱いです。

・デストロイングアンホーリー 通称:? スキル難易度3
 上記同様のスキル。ただし、対象に悪魔が追加され、威力が若干高いです。このスキルの覚醒もありますが、発動間隔が半分になり威力が上昇しています。はっきり言ってイラナイ子です。

・ディテクティングエビル 通称:ディテク スキル難易度1
 敵の位置を探知します。シフの足音と同じ効果ですが、更新間隔が倍になります。あると割と役立ちます。また、CP回復を自動でできるので、そのためにマスする人もいますが、SLv120で獲得CP12とご想像のとおりしょぼいです。まぁ探知範囲も広がるので余裕があればSLv上げるのもよし。デストロイ系スキルの前提分(SLv6)で十分かと思われます。

・マジックディスペリング 通称:ディスペ スキル難易度3
 敵の支援を解除します。デーモンのデビルスピードなどを消すことができます。はっきり言って使いどころが多いとは言えません。ノーダメージで敵のタゲを取れるので、釣りに使うことも出来ます。普通にスキルを振っていれば前提スキルがそろうので、1でも取っておくと便利かもしれません。
 対人戦においては敵のCPを減らすことができます。対人戦で妨害をしたい場合にはマスを推奨します。
 また、このスキルにも覚醒があり、敵の支援の解除に成功したときに、光属性ダメージ+30%になります。しかし敵の支援を解除しなければならないため、使いどころは少なく、このためにマス分のSPと3500SPを消費するのはもったいないと言えます。

・ブレスドハンマー 通称:? スキル難易度1
 命中時、敵の光抵抗を下げます。ただし物理攻撃なので、敏捷比率装備が必要になります。まぁあまり使えないです。

(2)移動スキル
・エバキュエイション 通称:エバ、エバキュ スキル難易度3
 近くの街へ飛ぶことができる。どこにいても、スキルレベル次第では簡単に街に飛ぶことができとても便利。クエストの遂行もスムーズになります。また、戦闘直後でも街もどり可能です。なお、MISSでも獲得CPが発生します。

・コーリング 通称:コル スキル難易度4
 PTメンバーを自分の場所へワープさせる。天使の筆頭スキルの一つ。これがないと不便でしょうがありませんね。PT狩りはもちろんのこと、クエストなど多方面で活躍します。MISSすると獲得CPが得られません。
 SLv40で成功確率100%になるため、補正込40を目指しましょう。次のスキル、タウポの前提分SLv6で止めるのがベストなので、補正+34以上が理想的です。

・タウンポータル 通称:タウポ スキル難易度5
 近くの街へ飛ぶゲートを開きます。誰でも利用可能なので他人を街へ運ぶのに便利。また、エバキュよりも遠距離まで届きます(移動可能距離はエバキュ<コル<タウポ)。重ねると神々しくなります。

(3)その他
・ヘブンリープレシング 通称:ヘブンリー? スキル難易度2
 敵のレベルを1ずつ下げる物理攻撃。あまり使わないかもしれませんがテイム支援に使えたり使えなかったり・・・。

・エバンジェリズム 通称:エバジェリ スキル難易度3
 敵を魅了状態にします。暇つぶしに最適なスキルです。ディスペを3まで上げれば大体前提がそろうので、気が向いた人は1でも取るといいかもしれません。いやいりません。
 隔離した敵が倒されそうなときに使うと、阻止することができます。

・サンクチュアリ 通称:サンク、卵 スキル難易度2
 一定時間の間無敵になります。無敵時間中、アイテムの使用など、行動がかなり制限されます。歩くくらいしかできません。がしかし、デストロイ系のスキルはしっかり発動します。なお、スキルを使った瞬間に強制的に歩行状態になるため、解除後に走行状態に戻すのが面倒です。スキルレベルが低いと移動速度低下になりますが、スキルレベルが高くなると移動速度が速くなります。

天使階級学2

第2回「攻撃スキル」


2-1.攻撃スキル
 今回は攻撃スキルについてです。最初に各スキルの特性を理解することで、自分の好きなようにスキルを振って行くことができます。

・ホーリーサークル 通称:ホリサク スキル難易度3
 単体スキルの1つ。威力は他のスキルに比べてかなり低いものの、CPが獲得になる唯一のスキル(次の血羽も一応CP獲得ボーナス装備で獲得になる)。スキル自体に攻速が付いており、次の血羽よりも速いスキルになります。とは言っても消耗=獲得になるのはスキルレベル60から。このスキルを上げるかどうかはその人の方針・戦闘スタイル次第と言ったところになります。
 高レベルになれば、装備やステ次第ではカンストするので、次の血羽と比較すれば同じダメージでCP獲得になるということでかなり優秀なスキルになります(ただし、抵抗の高い敵には血羽じゃないとカンストしません)。
 後々低燃費知識天使の戦闘方法について記述しますが、ホリサクは「低下力単体スキル」に分類されます。したがって、個人的には最初は血羽の前提分(SLv6)だけとり、「低下力単体スキル」として使用し、後半でスキルマスしてカンストを目指すという流れがいいのではないかと思います。
 なお、物資を使う前提の一般的知識天使の場合、このスキルはゴミクズです。

・ブラッディウィング 通称:血羽 スキル難易度4
 強力な単体スキル。表記ダメでみれば天使のスキルの中で最も火力が高いです(範囲スキルの場合、それにさらに中心150%がありますので、結局範囲スキルの方が強いです)。ホリサクに比べると遅いですが、スキル自体に攻速が付いています。一応獲得CPもありますが、消耗より低いので基本的には獲得になりません。大体100くらい消耗すると考えてください。装備でCPボーナスを付ければ獲得にすることもできます。また、このスキルを使用すると、与えた表示ダメージの0.2%をくらいます。
 このスキルはおそらく単体スキルの主力になります。物資使用前提の一般的知識天使の場合、躊躇なくこのスキルを使うことでしょう。低燃費知識天使の場合、「高火力単体スキル」に分類します。先ほどのホリサク(低下力単体スキル)と比較すると、
 ①威力が高い
 ②CP消耗が多い
となりますので、この点を理解した上で両スキルを使いわけることになります。例えば範囲スキルで一掃した後に1匹残ったとして、その敵のHPがホリサクで倒せるHPなら、ホリサクを優先して使うことでCP消耗を抑え、ホリサクでは時間がかかるのであれば、血羽の高火力で倒すといった具合になります。また、ホリサクがカンストする狩場の場合、血羽よりもホリサクを優先して使い、ホリサクがカンストしない場合、血羽を主力として使うことになります。

・ジャッジメントデイ 通称:ジャッジ スキル難易度5
 範囲スキルの1つ。一応、覚醒が出る前の状態でのお話をします(セイントパニッシャーにしない人向け)。まずジャッジは、範囲内の味方の状態異常を100%回復するという効果を持っています。これは対人戦やPT狩り、秘密などで場合によっては活躍します。攻撃範囲については次のホリクロに比べると若干狭いのですが、威力はホリクロよりも高いです。
 ただし、セイントパニッシャーでない場合、ジャッジをマスする必要性はあまりありません。威力が高いといっても、基本的にHP回復が出来るホリクロでの狩りが主体になるためです。ここで、ジャッジを1取るか、マスするかで使い道が変わってきます。
①1だけ取る場合
 この場合、このスキルは「低下力範囲スキル」となります。範囲もかなり狭いです。しかし1だけだとCP消耗はかなり抑えられますので、ホリクロである程度HPを削ったあとにとどめで使うと、上手くCP運用することができます。
②マスする場合
 マスすると、ホリクロよりも威力・CP消耗ともに大きくなります(範囲は微妙に小さいですが)。したがってこの場合、「高火力範囲スキル」になります。とは言っても大体の場合はホリクロでカンストする上にホリクロのHP回復がないと死んでしまいます。従って普段の狩りにはほとんど使用できません。使い道としては、ホリクロでカンストしない強力な敵に使うことになります。

・ホーリークロス 通称:ホリクロ スキル難易度5
 おそらくもっとも使用される範囲スキル。前述のジャッジもそうですが、中心でダメ150%になります。範囲はジャッジよりも大きく、威力は少し落ちます。CP消耗はジャッジより低いです。このスキルの強みはHP回復。攻撃するたびにHPが回復します。したがって赤を飲む必要はなく、狩りながらにしてHPを回復していくことができます。この点から、このスキルが普通、主力になります。取りあえずマスしないと始まりませんね。

・ドゥームデイ 通称:ドゥーム スキル難易度5
 覚醒・セイントパニッシャーのスキル。ジャッジの覚醒になります。当然、取るためにはジャッジのマスが必要になります。このスキルは簡単に言うとジャッジを4回攻撃にしたものになります(状態異常回復もその都度発動)。かなり強力なのですが、クールタイムが5秒あります。4回の攻撃はそれぞれ大体1秒くらい?の間隔で発動され、攻撃が終わるころにはクールタイムも残り1秒とかそんな感じです。ただ、初撃を放ったあとは自動で3回攻撃してくれるので、自由に動くことができます。したがって・・・ドゥームを撃ったあとにホリクロを連打すれば、ドゥームの3回攻撃と同時にホリクロのダメを与えることができます。これはかなりの火力UPです。実際の狩り方法としては、基本はホリクロ連打で、5秒おきにドゥームという形になります。ドゥームの自動の3回攻撃は初撃の位置に固定されます。攻撃範囲の有効範囲については後々説明しようと思いますが、基本的に初撃からその場を離れても範囲内の敵に継続してダメを与えることができます。したがって、移動狩りのときには結構役立つスキルになります。
 実際の範囲狩りでは、カンスト攻撃1~4回とかで倒せる敵がほとんどだと思います。1回で倒せる敵ならホリクロでいいのですが、2回以上の攻撃を必要とする敵にはドゥームの方がCP運用が上手くできます。また、5回攻撃が必要なら、ドゥームを1発撃ったあとにホリクロを1発投下してその場を離れます。

・サンクンライトニング 通称:サンクン?雷? スキル難易度4
 威力・範囲ともにかなり弱い。基本的に使うとしたらジャッジを1取った場合と同様の「低下力範囲スキル」となります。といってもあまり使えません。取りあえず感電効果がありますので、ボスなどHPが高い敵に与えると効率が上がるかもしれないです。
プロフィール

ヤニ

Author:ヤニ
↑パンティー画伯作。ありがとう;;

青鯖住民(´・⊿・)
MarkoPaasikoski - 天使
LauriPorra - サブ天使
PetriLindroos - WIZ
TimoKotipelto - ネクロ
JaniLiimatainen - アチャ(元メイン削除)
見かけたらよろしく(゚Д゚;)


Copyright © 2011 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
License to GameOn Co., Ltd.

当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

RED STONE

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。